2012年7月19日木曜日

夏野菜の煮込み(レシピ)

今日はレシピを一つ紹介します
この季節になると登場する機会が増える野菜「ナス」と「ズッキーニ」がメインです
私の母親は生前農業をやっておりまして、私が東京のレストランで働いていた頃は
年中野菜を送ってもらって料理していました
夏になると巨大に育ったズッキーニや形の悪いナスを山ほど送ってくれて
どう減らそうか迷ったものです←みかん箱にガッツリ送ってくるもので。。。
そんな中、良く作ったのが下の料理で、当時はこう思っていました・・・
「ナスやズッキーニを作っている世界中の農家さんは皆こういう状況なんだろうなぁ。。。」と
切って鍋入れて炒めてフタしてオーブン入れて、畑行って帰ってくると頃合良く出来上がってて
そんな妄想をしていました
ナス、ズッキーニの他に、トマトやバジル、ピーマンも沢山実る時期ですから、レシピで競演する
機会が多い顔ぶれですね

さて本題に移ります
材料はこんな感じです

ナス⑤ヶ
ズッキーニ③本
ピーマン⑤ヶ
玉ねぎ①ヶ
トマト②ヶ
にんにく①房分

他にオリーブオイルがグラス半分位と塩

のみです!!

お水も使いませ~ん


切り出しはこんな感じです

ナス⇒皮剥いて1cm厚のザク切り
ズッキーニ⇒一口大の乱切り
ピーマン⇒3cm位のザク切り
トマト⇒湯剥きして適当にザク切り
にんにく⇒薄くスライス
玉ねぎ⇒2cm位の串切り

※最後は形あまり関係ないので。。。
  みんな一口大と思って頂ければ。。。





ここからチョッと写真ないです(汗)・・・思い出に浸って撮り忘れました

まず鍋にオリーブオイル入れます

続いてスライスしたニンニクを入れて弱火で煮るように炒めます(キツネ色にしません)

ニンニクが透き通ったら玉ねぎを入れて同じく透き通る位までゆっくり炒めます

※2,3分放っといても焦げない位の弱火でゆっくり・・・がコツです

玉ねぎが透き通ったらズッキーニとピーマン加えます

ズッキーニの白い内側の部分(艶なし部分)が全体的に(艶あり)になったらナス加えます

ナスが一気にオリーブオイルを吸収しま~す

ゆっくり炒めてると段々ナスの角が取れてきまーす

この段階で野菜炒め位の食感になっていると思います

トマトを加えまーす

ひたすらゆっくり炒め、混ぜ続けまーす

この時点で下の写真のような感じです


ここからゆっくり…ゆっくり…炒め続けます

フタをして時々混ぜながら30分位です

フタをするのは蒸気を鍋に戻すためです

トマトが段々崩れてきます。。。

3分置き位にフタを取るとプクプクと煮汁が

浮いてきます。。。

混ぜるとすぐに煮汁は消えます。。。


これを繰り返すようにゆっくりとゆっくりと炒め混ぜ続けます

※写真はまた忘れています

次第にナスも煮崩れてきます。。。

※トマトを沢山入れると「ラタトゥイユ」みたいになります

最終的に出来上がるとこんな感じです
ナスはすっかり煮崩れて赤くないトマトソース

のようになっています

ズッキーニは(艶あり)に炒めたおかげで

原型を保っています

ピーマンは柔らかく、いい味のアクセントに

なっています

トマトは控えめに酸味をもたらせています



この料理は、このままバゲットと食べても美味しいしパスタのソースにもなります

この季節は、このまま冷して「冷たい煮込み」が美味しいです

休みの日に昼間から白ワイン飲む方には打ってつけのアテだと思います

塩は材料が全部入った後ならいつ入れても大丈夫でしょう。。。

ちなみにこの分量で小さじ②位です

応用編としてはレモンを絞ったり、辛党には唐辛子を刻んで一緒に煮込んで・・・

この季節は生の青唐辛子が出回るので、それが相性ばっちりです ! !

合うハーブとしてはバジル、オレガノが定番で、意外とミントもいいです


一緒に煮てもいいし(最後の2,3分)、食べる時に刻んでかけてもいいです


ナスさえたっぷり入れば他の材料は適当で大丈夫、簡単な料理です


※トマトがナス科だということを実感できます


時間と興味があれば是非お試し下さい

0 件のコメント:

コメントを投稿